「風水会話」のパワーで親子関係が好転!?

親子好転 子育ての風水

「風水会話」で親子関係を好転させる

ポジティブな言葉で「明るい気」を取り入れることが重要!!

毎日なにげなく使っている言葉には、実は大きなパワーが宿っています。どんなことでも心の中で思っているだけより、言葉にしたほうが実現性は高まるもの。プラス思考の言葉を使えば、それだけ多くの幸運を呼びこむことができます。

しかし、その反対にマイナス思考の言葉ばかり使っていると、運気はだんだん下かっていくのです。とくに親子の会話の中で、マイナス思考の言葉を使うのはタブーです。また、兄弟姉妹を比較したり、家族の誰かをバカにしたりするような会話もしないようにしましよう。

子供を伸ばすほめ方、叱り方

子供をきちんと躾けるのは大切なことですが、厳しくすればいいというものではありません。
子供にはそれぞれに合った、ほめ方と叱り方があるからです。たとえば、大げさなくらいほめたり叱ったりすればいい子もいれば、放任主義がいい子もいるのです。その子供に合ったほめ方、叱り方をしなければ、せっかくの親心も伝わらないということにもなりかねません。

では、その子供に合つたほめ方、叱り方はとこでわかるのか? それは子供の本命卦の五行から判断していきます。

本命卦でわかる子供のほめ方・叱り方

𠮟りと花

本命卦が震・巽の子供

素直な性格なので、きちんと話せばわかるタイプです。叱るときもほめるときも、ストレートに接するのがおすすめです。叱るときはクドクド言わずに短めにしましょう。長所を積極的にほめてあげることで伸びていきます。

本命卦が坤・艮の子供

芯が強く、大人を冷静に観察しているタイプ。感情的に叱ると不信感を持ちやすいので、理論的に接することが大切です。おだてが嫌いなので、ここぞという場面でほめると実力を発揮できるようになります。

本命卦が坎の子供

要領がよく大人の扱いも心得ているタイプ。叱られると落ちこんで見せますが、実は反省していないことも。その半面、ほめるとすぐに調子に乗ります。6割叱って、4割ほめるくらいのバランスが大切です。

本命卦が離の子供

何かと感陦的になりやすい夕イプ。叱られるとすぐ泣き出したりしますが、立ち直りも早いでしょう。叱るときは厳しく、ほめるときにはオーバーなくらいに…というアメとムチ的な子育てがおすすめです。

本命卦が乾・兌の子供

プライドが高いので、自尊心を傷つけると反抗するタイプ。頭ごなしに叱るのではなく、いいところをほめてあげてから諭すようにしましょう。叱るよりもほめてあげることが健やかな成長につながります。

親子関係のトラブル解消には、「気」を持った花を飾るのも効果的です。「土の気」は、家庭運を安定させるパワーを持っているからです。具体的には、スイートピーやフリージア、菜の花などがおすすめ。家族全員が集まるリビングや家の西南側に飾るようにしてください。

コメント