★【 犯罪者が出やすい家相】十二支方位に台所などの火気は厳禁!!

犯罪はダメ 風水の基本

十二支方位に火気は犯罪者が出る家相!!

犯罪者が出やすい家相も実際にあるのです。

家に2つ以上の欠けがあったり、自分の十二支方位に火気があると、はっきりと言ってヤバい!!

最近は殺伐とした事件が多く、毎日のように強盗、殺人、詐欺やいじめの問題が報道されています。私は犯罪事件があると、三面記事などに載っている犯罪者の出た家相を調べるようにしているが、共通していることがいくつかあります。それは、どの家にも、凶相の欠けが二つ以上あったことです。ある銀行に強盗に入り、一度は逃亡した男の生家には、北西と北東の両方が大きく欠けていたし、選挙に立候補した政治家の事務所で、選挙資金を着服して逃亡した秘書の実家にも、北東と南西に欠けがあったのです。

 

家相と防犯

実例 【犯罪者と風水】

直接知っている男で、インドネシアで詐欺を働き、日本に帰ってきて捕まった大馬鹿者がいました。彼の父親は地元の名士で事業家だったのです。家も非常に豊かでとても犯罪などと縁のある家柄ではなかったのに、なぜか彼は犯罪者になってしまったのです。その男の実家を調べてみると、やはり南西と北東に大きな欠けがあったのです。ところが、それだけではありません。男は十二支の生まれ星が未年だったのですが、その未方位に浴室のボイラーと台所の火気がセットされていました。この例のように、家の二か所に欠けがあり、かつ、自分の十二支方位が火気などでおかされていると、犯罪にはしりやすくなるのです。家相学の常です。

建物の欠けは、そこに住む家族の運勢に影響しているので、凶相の欠けがあると運勢を衰退させてしまいます。一つでも心配なのに、二つも欠けがあると影響は大きくなるのです。また、火気は人間の神経作用を狂わせてしまう強い力があります。運勢も不安定になり、精神も安定を欠いては、正常な判断ができなくなって、ついつい、悪の道に迷い込んでしまうというのです。こんな家相は、家庭内で起きる暴力ざたにも関連しています。正当な理由もない、道理に反した暴力は、立派な犯罪行為です。家庭の中で、主人であろうが、妻や子供に、酒に酔った勢いで暴力をふるったり、年若い母親が、まだ幼いわが子を折檻するなど、もってのほかです。会社や生活に疲れ果てても、やっていいことと悪いことの区別がつかないのは、いかにも情けないことです。

 

 

吉澤ひとみも・・・

人間の精神が不安定になると、思わぬ行動にはしってしまものです。常識では考えられない事件を起こし、後で取り返しのつかない問題に発展することも多いでしょう。吉澤ひとみもその例です。暴力や犯罪行為を働くとき、計画的に行動するのは、根っからの犯罪者だが、ちょっとした衝動が引き金となって、大変な事件を引き起こすこともままあるのです。普通ならできる正常な判断ができなくなっているのでしょう。こんな状況をもたらしてしまうのが、家相の影響の恐ろしいところです。いつもだったらなんでもないことが、火気などで自分の生まれ星をおかされてしまうと、自分の衝動が抑えきれなくなるのです。さらに2か所も欠けが加われば、なおさら不安定になりますので絶対にやめてほしい家相です。

※風水で子供が変わる!!

コメント