風水における神棚と仏壇の祭り方!!

玄関の風水 風水の基本

人は自然界からさまざまな恵みを受けて生きているのですから、その恩恵への感謝の気持ちを大切にしたいものです。目に見えないものへの感謝の心を捧げるときに、対象となるのが神仏です。家相的には、神仏は家の中心である主人よりも上の存在になります。

神棚や仏壇は、祭る位置だけでなく、向きも重要になりますから、よく考えてベストだと思われる位置と向きを確保することが大切です。家の中央の部屋に祭るのがいちばんよいとされていますが、住宅事情などから、そういうわけにはいかない場合も多いと思います。では、どのような方位や向きがふさわしいのかを説明していきましょう。

○西北に置いて、南あるいは東南に向ける。
吉です。

○西に置いて東に、東に置いて西北に向ける。
小吉です。

○東南に置いて西北に向ける。
吉です。

ただし、よい方位といっても、正中線と四隅線の中央15度はなるべく避ける方がよいでしょう。十二支の方位から、10度くらい左右にずらして祭るのがよいとされています。

さらに、神仏は不浄な場を嫌います。神棚や仏壇がトイレなどと隣りあわせに祭られていれば、いくら西がよい西北がよいといっても意味がありません。必ず判者の間をへだてる空間をつくって祭らなければいけないのです。

神棚の祭り方、仏壇の祭り方

【神棚の場合】

1階に祭る場合と2階に祭る場合の二通りがあります。1階の部屋に祭るときは、神棚の輿上にあたる2階の状態が問題になります。神棚の上を廊下が走っていたり、浴室やトイレがあるのは、神様の頭の上を踏みつけて歩いたり、不浄のものを浴びせたりすることになるので絶対に禁物です。

また、神棚の下を通ること、つまり廊下などで歩ける状態も、神様の股をくぐりぬけるという無礼をはたらくことになるので絶対に避けなければいけません。そのため、壁根、壁の面に神棚をつくりますが、壁の下が襖や障子などで、つねに通り拔けができる状態もよくありません。いくら方位がよいからといっても、凶相を生じる原囚になります。2階に祭る場合は、神様の頭の上を歩くことはありませんから、その点は心配いりません。気をつけなければならない点はI階の場合と同じです。

そして、もう一つ避けなければならないのが夫婦の寝室です。神棚はたいへん尊く、崇高なものですから、寝室に祭るということをよしとしないわけです。また、茶の間など日常生活の場にも置かない方がよいでしょう。置き場所としては、客間や寝室以外の中央の部屋がふさわしいといえます。

【仏壇の場合】
仏壇は家族の先祖を祭るところですが、その家にご本尊があれば、先祖の位牌と一緒に仏壇におさめます。ただし、仏教にはいろいろな宗派がありますから、その宗派のしきたりに従って行うようにしましょう。

また、仏壇はその家の先祖をお住まいさせる場所ですから、他の家の人の位牌をJ緒に祭ったりすると、必ず争いが生じてきます。やっかいなことが起こったり、いつも他人から迷惑をかけられることになるので、絶対に避けるようにしてください。また、仏壇を床の問に置いている家をときどき見かけますが、こうすると必ず神経的な災いが起こります。もし床の問しか置くところがないのでしたら、その床の間をはずしたり、また、床の問の横の畳の部分や、押し入れをつぶして場所をつくるなどして、災いをのぞく工夫をしたいものです。また、つくりつけの仏壇をつくる人がいますが、これは凶とされています。必ず厨子に安置して、お祭りするように心がけてください。

仏壇を置く方位は、家の壁と平行に、吉方に向けて祭るのがよいとされています。たまに部屋の角に祭っている家がありますが、家の向きに逆らって斜めに祭ると、自分の家と仏壇がそむき合ってしまいます。この場合、ご先祖の加護が受けられないことになるので、必ず冢の向きにそって祭ることが大切です。

神棚・仏壇はどの部屋に置くのがよいのか?

家相では、仏壇を置く部屋というのも大事な要素です。まず、中央の部屋、次に西北の部屋、そして北、西、東の部屋ということになります。北東の部屋は避けてください。そして、これらの部屋の中で、吉方位に置かなければなりません。では、どの方位に置きどちらを向けて仏壇を祭ればよいのでしょうか。

○北に置き南に向けて祭る。
子孫繁栄、家運発展の大吉の祭り方です。

▲東南に置き北に向ける。
これは凶で、よくありません。

○東南に置き西北へ向ける。
これはややよく、小吉に当たります。

▲南西に置き北に向ける。
病絶えずという意味があり大凶になります。

▲南西に置き北東に向ける。
大凶になります。家の中がつねに変化し、落ち着きがなく争い事が絶えなくなります。

○西に置き東に向ける。東に置き西に向ける。
西方浄上、家内和合、家業発展という意味があり、たいへんよい祭り方です。

○西北に置き南に向けるか、東南に向ける。
これも先祖の加護、福分を充分に受けることができます。

 

コメント