「人間関係」「対人運」 2020風水

人間関係 風水の基本

「人間関係」「対人運」 2020風水

対人関係

人間関係の問題はこの方位をチェック

私たちは、家族や友人、親戚、隣近所の人、会社の上司や同僚など、さまざまな人たちに囲まれて生きています。こうした人間関係は、仕事運や出世運、金運などの運勢にかかわってきます。

よい人間関係を築いていれば心が豊かになり、生活も安定します。また、困ったことが起きたときは助けてもらうことができます。反対に、いじめなどにあって人間関係がうまくいかないと、出社拒否や不登校、ひきこもりといった問題が生じやすく、つらい毎日を過ごすことになります。

最近は人間関係のトラブルで悩んでいる人が増えているようですが、そのような人は東南(巽)方位を重視しましょう。東南を示す巽は、家の外と内を行き交う風を意味します。東南が吉相になっていればその人の社交性が増し、人との交流も活発になり、社会的な運も開けていきます。

相手との関係によってほかの方位をみる必要もある

宅心と八方位には、社会的地位や家族構成のなかでの立場、生まれ星や干支による定位置があります。その方位の吉凶が人間関係に影響を及ぼしていることがありますから、人間関係の良否を調べるためには、自分と相手の定位置をみることも必要です。

たとえば、父親と長男がなんとなく折り合いが悪いという場合は、父親の定位置である西北と、長男の定位置である東に、家相上の問題がないかどうかをチェックします。

 

親族とのもめごと

親族ともめごとが起きている場合は父方の親戚との関係は北東で、母方の親戚との関係は南西でみるべきです。

遺産相続や後継者問題、冠婚葬祭、親の介護に関するトラブルなど、親族とのもめごとがある場合は、北東と南西に難があることが多いものです。風水家相学では、北東と南西を結ぶ線を「身内の線」と呼び、北東の吉凶は父方の親族との関係に、南西の吉凶は母方の親族との関係に現れるとしています。

北東と南西は先祖から受け継いだものを示す

北東(艮)と南西(坤)は、陰から陽へ、陽から陰へと気が大きく変化する「つなぎ目」にあたる方位で、古い世代から新しい世代へのつなぎ目を意味しています。その家に先祖から代々伝わる財産運、血縁関係や子孫の運などは、北束や南西でみることができます。

転居や改築が無理ならインテリアで工夫を

気の変化の激しい方位ですから、北東や南西は壁でふさがれて落ち着いた雰囲気の部屋になっているのが理想的です。張り欠けがなく、掃除も行き届いていれば、たとえ現在は親族とトラブルに悩まされていても、やがて解決します。

 

「いい香り」は「いい人脈」を引き寄せる

風水対人

「いい人脈」「いい香り」を引き寄せる人はを身にまとっています。

企業に勤めていた頃から何となくは気づいていたのですが、部署のなかで人気のある人はそばに寄ると、だいたいよい香りがする人なのです。香水のように「あの香り」とわかるほど強くはなく、そこはかとない、安らぐようないい香りをまとっているのが男女問わず人気者の秘訣なのだなとそのときは思っていました。

今のお仕事についてから香りは縁と同じ「四緑木星」の象意であると知って納得。そのとき、その場、その日の気持ちにぴったり合った香りを選ぶことで良い縁を引き寄せられます。まずは感情に対応するエッセンシャルオイルを覚えておくと便利です。

●木/怒り
カモミール、スイートオレンジ
(緊張や怒りを鎮める効果)
●火/喜び
ラベンダー、ジャスミン、イランイラン
(リラックス効果)
●土/憂い
スイートマジョラム、ペパーミント、パチュリー
(自信をつける効果)
●金/悲しみ
ユーカリ、ティーツリー、タイム
(悲しみや憂鬱を癒す効果)
●水/恐れ
シダーウッド、ゼラニウム、ジャスミン
(無気力や不安を鎮める効果)

 

お茶には人間関係を上げるパワーがある

風水ではお茶を一緒に飲むことが、対人運アップの鍵になると考えられています。日本では近頃簡略化傾向ですが、風水の本場・香港や台湾では今でもお客さまへのおもてなしや親しい人との語らいの場には丁寧な作法でいれたお茶は欠かせません。お茶をいれて一緒に飲むことで、豊かさや金運を引き寄せる風水的な効果があると信じられているからです。

お茶のパワーを上手に利用すると、仕事運もアップします。午前中は「青いお茶」午後は「赤いお茶」がおすすめです。陰陽五行説のうち、「木」の気がある午前中に青いお茶、つまり緑茶を飲むことで元気になり、「火」の気がある午後には赤いお茶、ウーロン茶や紅茶を飲むことでリラックスし、気持ちを切り替えられます。日々のくつろぎのひとときにも風水を取り入れるだけで運気が変わります。

成功する自分をイメージして未来の予定を立ててみる

今、かなえたい夢はありますか? それはどんな夢ですか? 願えば願うほど、そして具体的に描くほどに夢はかなうもの。でも具体的に描くといってもどうすればいいかわからないと思ってしまうときには、自分の一番なりたい姿をイメージして未来の予定をたてる「未来ノート」を作ってみましよう。

①好きなノートと気に入っている自分の写真を用意する。
②自分の写真を貼ってそのまわりに、実現したい理想の未来に関するビジュアル(写
真や絵)を貼っていきます。雑誌の切り抜きなど何でもOK。
③貼り終わったら、そのイメージに近づく具体的な方法を思いつくままにどんどん書
いていってみましょう。

例えば「自分のお店を持つ」にむかって、場所は? 広さは?
閧店日は? などと仮に決めていくのです。ひとりでやっていることですから恥ずか
しがることもないし、何度書き直したって大丈夫。「未来ノート」を作ることで夢が予定
になり、これからどうすればいいのか、歩く方向が分かってきて見通しが立ちます。

「ありがとう」をよく言う人のまわりでは物事整いやすい

私は折にふれ、いつも「ありがとう」と感謝の言葉を囗にします。「ありがとう」という言葉は有るのが難し=あることが難しい、からきた言葉。私たちは毎日、たくさんの「あることが難しいよいこと」に囲まれているのに、そのことに気づかずに過ごしています。

「ありがとう」「感謝しています」をはじめとするプラスの言葉は、大を前向きにしたり、あたたかい気持ちにしてくれますね。だから、「ありがとう」と感謝する人のまわりには自然と大の輪が広がっていき、自然と物事が整っていくのです。プラスの言葉のほかにも、大からいわれて嬉しい言葉や行動を誰かにプレゼントすることで、人間関係は円滑になり、対人運はもっともっとアップします。風水は幸せになるための道具ですが、心がともなって初めて、大はしあわせになれるのです。プラスの言葉のプレゼントはその第一歩です。いいご縁を育んでください。

「食風水」で人付き合いの和を広げられる

私は風水鑑定士として、人と会って食事をする機会に恵まれています。出会いはいつだって一期一会。楽しく食べ、誰とどんなふうに食べるかということはとても重要なのです。
風水学では、食べ物にも運気アップのエネルギーが宿っているととらえられています。そこから生まれたのが「食風水」。九星それぞれの星とつながりのある食材や食事をすること、美味しいものを楽しく食べることで、食べ物の持つ運気をさらにパワーアップして吸収することができます。人とのご縁をつなぎ、対人運をアップするのは「四緑木星」のエネルギーです。

東南方位をきれいにするとお付き合いの神様に好かれる

お部屋のお掃除と整理整頓、くり返しにはなりますが、これは、運の流れを変えたいときに誰でもすぐできる本当に効果的な方法です。お部屋に新しい気を入れて、何かに対する執着や未練といった古いエネルギーを捨てて、新しいものが入るスペースをつくるのです。

この方法に風水気学をプラスして、あなたが欲しい運や悩みごとの解決にフォーカスし、しあわせになる手助けをするのが風水の本流です。小さなスペースから始められるので、効果もすぐに出やすいと好評です。

これまでにも何度か出てきていますが、風水学では「東南」は「四緑木星」の干渟ルギーが宿り、人間関係をつかさどる方位。あなたのお部屋の東南の部分が乱雑になっているならすぐにお掃除。不要なものを捨て、新しいご縁がやってくる準備をしましよう。また、窓やカーテンも一緒にきれいにしましょう。いい風に乗って、新しいご縁が運ばれてきますよ。

意外な盲点、ドアノブを磨くと「よいご縁」がつながりやすくなる

玄関はすべての運の入り口。玄関をきれいにするだけで、すべての運がアップします。なかでもお付き合い運アップに効くのが「ドアノブ」。扉本体の汚れをきれいに落とし、ドアノブはからぶき雑巾と金属クロスできれいに拭きます。人は美しく磨き上げられた自然なつやのあるものを見ると心のなかが整い、集中力や、前向きな気持ちが高まります。ドアノブをきれいに磨くほど「よいご縁」とつながりやすくなるというのは、心理学の面からも理にかなっているのです。

また、和風建築で引き戸やドアノブを使わないお家は扉本体をきれいにしましょう。玄関で大切なことは清潔さ、風通しのよさ、明るさ、香りの4つです。この4つの要素が重要なのです。

 

運のいい人は風通しのいい服を着ている

「風」「水」と書くように、風水では風通しを大切にします。風通しがよい家には幸運が運ばれてきますね。実は、服も同じなのです。あなたが持っている本来の良さを活かしたいなら、上から下まで覆ってしまう服よりも風通しのよいものを選んでください。タートタよりは首もとにゆとりのある服、パンツよりはスカート、アクセサリーも風に揺れるモチーフを良いでしょう。

「風」を感じる小物もおすすめです。ラッキーカラーのスカーフやリボン、夏なら涼しげに扇子を持ち歩いてもいいでしょう。ご主人やお付き合いしている男性がいるなら、「風」「縁」と同じ「四緑木星」の象意である「海外」を用いてぜひインポートのネクタイをプレゼントしてみてください。営業職の方なら対人運がよくなり、同時に仕事運もアップします。「風」は「縁」を運ぶもの。ファッションにも風水を上手に利用して、よい縁を結んでください。

手紙やハガキ、メールを溜め込んでしまうと縁が育たなくなる

パソコンやスマホが普及した今でも、手紙やハガキは健在です。これらは「四緑木星」の象徴であり、季節ごとに心のこもったやりとりをすることで人との縁をつくり、信頼関係を築くのに役立ちます。人間関係をよくしたいと思ったときにはとにかくこの「四緑木星」の力を利用するのが効果的なのです。

手紙やハガキは整理せずにいると、対人運とつながりのある「木」の気の働きに影響を与えてしまいます。特に年賀状は何年経ってもなかなか捨てられず、ため込んでしまうもの。手紙や(ガキはこまめに整理して、成長や発展を象徴する木の気を活性化させましょう。自分が好きなもの、元気になれるものだけを残して、あとは処分しましょう。

「なんとなく」風水の直感

先日、何年も使っていない家具や家電が家の中にあるのが「なんとなく気になっていた」という女性が、それらを処分した途端、それまでギクシャク停滞していた家族の運が一気によい方へ動き始めたというカウンセリング例がありました。

この「なんとなく」という感覚が風水では実はとっても大切なのです。なんとなくは「直感」とつながっていて、運をめぐらせるために整っていないことや欠けていることを無意識下でちゃんと教えてくれているのです。反対に、なぜかわからないけれど、そこへ行くと「なんとなく気持ちがいい」と感じる場所もあります。その場所は風水的な環境が整えられていて、いいサイクルで運がめぐっている場所です。特別な勉強をしたり、お守りを並べたりしなくても、人間にはもともとこういう風水的な直感が備わっています。「なんとなく気になること」は運が自分へのメッセージを送っているのだと思って意識してみてください。

風水では、円い形は「天」

「円満」「調和」などを表し、人間関係をスムーズにする形といわれています。「円」は「縁」にもつながります。人との「ご縁」をつなぎたいとき、四角よりも円い形のものがおすすめです。ダイニングテーブルだけでなく、会議の打ち合わせデスク、外出先の商談やデートなど、お付き合いの場面のさまざ圭な場所でこの「円」を利用しましょう。不思議なことにすんなりと話がまとまります。

もし四角いテーブルや長方形のデスクを使っていても大丈夫です。ランチョンマットやコースターやクッション、時計や鏡など、小物に「円」を意識したモチーフを使いましょう。色は、お家川ならオレンジ、仕事用ならグリーンがおすすめです。アクセントに、あなたの本命星のラッキーカラーを取り入れればさらに運気がアップ。

ベッドの位置を見直す幸せ感がアップ

人間関係のすべてを損得で決めるわけではありませんが、明らかにあなたにとって損しかない不要な関係というものは存在します。仕事でも恋愛でも、大切なのは圭ずあなた自身が幸せな気持ちでいられること。あなたを幸せにしない不要な関係を「リセットしたい」と思っているなら、玄関とベッドの位置をチェックしてみましょう。

玄関や部屋の入り口からまっすぐ入ったところにベッドを置いていませんか?入り囗から入ってくる気の衝撃をダイレクトに頭に受ける間取りは、「不要な関係」を長引かせる相といわれています。もしスペースに余裕がなく、ベッドを動かすことも難しい場合は、入り口とベッドの間についたてを置き、マイナスの気を断ちましょう。

 

 

人気者になりたいときはビタミンカラーで

ピンクのパジャマで自分の魅力を引き出す!!

ビタミンカラーとは、明るい「陽の気」を与えてくれる色のこと。具体的には、ピンクやオレンジ、イエローです。

多くの人から好かれたいと思うときは、ます自分が魅力的な人間にならなければなりません。そのために効果的なのが、ピンクのパジャマ。ピンクには、女性の魅力を引き出す力があります。ただし、人目につく場所で身に付けると、異性運が高まってしまうので、プライベートタイムで使うほうが効果的。そういう意味では、ピンクの下着もおすすめです。

パステルオレンジの服で好感度をアップさせる

ピンクで魅力をアップしたら、次はオレンジの出番です。オレンジは濃淡で、その効果が変わってきますが、人気を得たい場合はパステルオレンジが最適。ファッションや小物の中に積極的に取り入れてください。また、パステルオレンジとイエローをコーディネートして身に付けるのも、人気運アップにつながります。

コメント