【2021風水】土地の見分け方!! 3つのポイント!!

土地見分け 土地選びの風水

【風水】土地の見分け方!!【2021~2022】

2021年から2022年の「風水的 土地の見分け方」について詳しく解説しています。

「龍脈」が走る土地とは?

皇居は風水家相では最強の場所にある!!

風水では、家相以上に地相を重視します。大地が発する良い気のエネルギーを受けられる土地を選ぶことが、開運につながると考えられているからです。

大地を走る、良い気の通り道を「龍脈」と呼びますが、家を建てる場所としてベストなのは、その龍脈が走っている土地です。龍脈が走っている土地に立つ建物として最も有名なのは、皇居です。ただ、龍脈の流れは複雑なので、風水の専門知識がない人が、自分で龍脈の走る土地を見つけるのは困難でしょう。

 

人が集まる場所に龍脈は走っている

そこで、ここからは龍脈が走っている土地によくある共通点を挙げていきます。条件を満たす土地に必ず龍脈が走っているとは言えませんが、可能性は高くなります。

まずは、利用者の多い大きな駅の近辺などの、賑やかな場所。ショッピングモールや商店街などがあって、多くの人で賑わう栄えた場所には、龍脈が走っていることがよくあります。

また、多くの人が住みたいと願う高級住宅地も、龍脈が走っている可能性が高いです。なかには地価はある程度、地相と比例しているという説もあります。

土地の形は四角形がベスト

三角形の土地は運気が悪いので避けること!!

家を建てるなら、土地の形は正方形や長方形がベスト。住む人に安定感をもたらすとされているからです。特に、日当たりを遮るもののない東南の角地や、南側が開けている土地がおすすめです。とはいえ、都心の住宅密集地などでは、変形地も多いものです。変形地は四角い土地より運気はダウンします。特に三角形の土地は凶相と位置付けられるので、注意が必要です。

三角形の土地を所有している場合は、角のところにスペースを空けて塀を作り、土地を四角い形にして家を建てるのがおすすめです。四角形に近くても「張り」(出っ張った部分。張りがある土地とは、いわゆる旗竿地など)や「欠け」(へこんだ部分)がある土地もよくあります。このうち、「欠け」がある土地のほうは凶相です。

周囲の環境も考慮して選ぼう

たとえ真四角の土地であっても、周囲の環境によっては凶相になります。

たとえば、周囲よりも低い土地や湿地帯などは悪い気がたまりやすくなります。また、神社やお寺、墓地などに近い土地は、霊気や殺気が強いので、居住するにはあまり適していません。

 

道路と門・玄関の位置交通事故が起こりやすい

道路と土地の関係にも、吉と凶があります。まず、吉とされるのは、L字型の道路の内側や、カーブした道路の内側の土地です。

風水では、事故の起こりやすそうな土地を凶相としますが、今挙げた土地は事故が起こりにくく、安全面で優れています。金運にも恵まれやすいので、これから土地を探す人は意識してください。
逆に避けたいのは、前述のように事故の心配がある土地。たとえば、カーブした道路の外側に建つ家だと、曲がりきれなかった車が突っ込んでくるリスクが。丁字路の突き当たりも同様です。

こうした土地は、健康運がダウンしたり、トラブルに巻き込まれやすくなる運気を持ちます。すでに条件にあてはまる土地に住んでいる場合、盛り塩などの力を借り、より入念に対策するべきでしょう。

 

「土地の吉凶を判断する「吉方位」で物件探し

自分にとって良い方位に出かけて土地を探していくと、人運が向上して希望以上に良い物件が見つかるものです。反対に、凶方位に探していくと、土地やその後の設計する家に凶作用が現われます。

自分にとって、どの方位が吉方になるのかを調べるときには、「吉方位万年早見表」を使います。移転や新改築の際に、どの方位が吉方位になるのかを知ることができます。2021年(令和3年)を例にとってお話ししましょう。この年は、九星気学では、九紫火星の年になります。いちばん上にあるのが年盤で、下にはそれぞれ月盤が書かれています。

年盤、月盤の中で、凶方位を表わすのは歳破、月破、暗剣殺と書かれた方位です。一年を通して凶方位となるのが歳破で、1ヵ月単位の凶方位が月破です。暗剣殺というのは、中央に書かれた九星にかかわって凶方となる方位です。五黄土星の方位は「五黄殺」という凶方位です。

2021年は南西が歳破、北が五黄殺、南が暗剣殺にあたります。この年の3月は、西が月破、西北が五黄殺、東南が暗剣殺になります。ですから、3月は、年と合わせて南西、北、南、西、酉北、東南の方位の土地や住宅を取得することは避けたほうが無難ということになります。このほか、日の凶方位、日破もありますから注意しましょう。

 

凶殺方位の用語

五黄殺

方位盤の八方位の中で、五黄土星が配置されている方位「ものが腐る」という暗示があり、どの人にとっても凶殺方位。

暗剣殺

五黄殺の反対方位が暗剣殺。この方位には「思いがけないトラブルに襲われる」という暗示がある。

本命殺

あなた自身の九星が配置されている方位。「自分が災いを招く」

 

本命的殺

九星が配置されている方位との反対の方位。「精神さ本い命は的殺|的に不安定」という暗示をもっている。

歳破

その年の十二支が入っている方位の反対側の方位。その年だけエネルギーが不足している方位で、日陰の方位といえる。

月破

その月の十二支が入っている方位の反対側の方位。月ごとに現われる。

日破

その日の十二支が入っている方位の反対側の方位。日ごとに現われる。

地破

時盤の十二支が入っている方位の反対側の方位。

 

吉方の土地である

「吉方位万年早見表」には各星の吉方位か書かれています。もしも、家族全員が吉方であればベストです。その方位に転居したり、改築したりすると良いことが起こります。

ただし、東北方位や南西方位が吉方位にあたっていた場合には、これらは鬼門になりますから、単純に吉方と考えることは危険です。吉方位、凶方位については、複雑なこともあるので、専門家に相談してみましょう。

住宅を購入するとき、また、引っ越すときはあなたにとって吉方となる方位で探していきましょう。これらのことはマンションを買うときにも必要です。吉方位のマンションを探していけば、トラブルを抱えた物件から逃れることができるかもしれません。

コメント