あなたの十二支方位は何!?【各十二支方位を詳しく解説】

十二方位の神 風水の基本

自分の十二支方位を理解しよう!!【家相学の基本】

十二方位の解説

 

十二支生まれ星方位で幸運を呼ぶ秘訣があります。

それぞれの十二支方位には、幸運倍増の三合相という玄関方位があるのです。

十二支の生まれ星は、家相で判断するとき、とくに健康と大きな関係があると言われています。たとえば不浄物などを生まれ星方位に設置してしまうことはタブーになっています。具体的に言えば、健康を害していろいろなアクシデントにおそわれてしまうのです。しかし、三合相といって幸運をもたらす方法があることも事実です。三合相とはそれぞれの十二支方位と相性のよい方位のことを言います。この扱い方は簡単ですが、今まで門外不出になっていた秘伝と言われています。今回はこのブログ限定で紹介するので大いに利用してもらいたいのです。

玄関の吉凶は運勢にかかわるのですが、十二支の三合相を利用できれば幸運は倍増することが可能なのです。自分の十二支生まれ星と十二支方位盤を照らし合わせて設置してほしいのです。

 

 

 

●子年生まれの人が使用できる十二支方位

「辰方位」に玄関を設けると、どんな環境にも柔軟に対応でき、人と人との関係は円滑で、敵をつくらず、信頼性に富んで人生は豊かなものになっていくでしょう。

 

●丑年生まれの人が使用できる十二支方位

「巳方位」か「酉方位」のいずれかに玄関を設置すると、ものごとに対して集中心が人並みはずれて鋭くなり。晩年は大きな財産を残し、悠々白適のすばらしい結果を生むでしょう。

 

●寅年生まれの人が使用できる十二支方位

「午方位」に玄関を設置すると、闊達で行動力にあふれ、そして暖かな思いやりで、豊かな家庭を築くこととなるでしょう。

 

●卯年生まれの人が使用できる十二支方位

「亥方位」に玄関を設置すると、明朗快活で、研究心も旺盛になり、幸運な生活ができるでしょう。

 

●辰年生まれの人が使用できる十二支方位

「子方位」に玄関を設置すると、活発で、たくさんの人の応援で充実した毎日が送れるでしょう。

 

●巳年生まれの人が使用できる十二支方位

「酉方位」に玄関を設置すると、実行力に恵まれ、経済観念も豊かに、人のうらやむ生活が可能になるでしょう。

 

●午年生まれの人が使用できる十二支方位

「戌方位」に玄関を設置すると、人の上にたち、大を動かして、ともに幸運をつかんでいくでしょう。

 

●未年生まれの人が使用できる十二支方位

「卯方位」に玄関を設置すると、信念や意志が強く、家庭を大事にして財運にも恵まれるでしょう。

 

●申年生まれの人が使用できる十二支方位

「辰方位」に玄関を設置すると、カンやひらめきが強く、周囲の人物の引き立てで成功していくでしょう。

 

●酉年生まれの人が使用できる十二支方位

「巳方位」に玄関を設置すると、何事にも真剣さにあふれ、先輩の引き立てで満足のいく人生を送ることができるでしょう。

 

●戌年生まれの人が使用できる十二支方位

「うま方位」に玄関を設置すると、己が希望するものごとはことごとく成功していくでしょう。

 

●亥年生まれの人が使用できる十二支方位

「卯方位」に玄関を設置すると、研究心旺盛で、人々の援護を受けて、大事業を成功させることが可能でしょう。

 

小さな手間と取捨選択することが成功の秘訣に

「方位」や「色」に気を使ったり、「アイテム」を置いたりといったことも大切ですが、まずは生活の中での小さな手間を惜しまないようにしましょう。散らかっていたらすぐ片付ける、花や観葉植物の手入れをする、きちんと挨拶する、早起さして朝日を浴びるなど、ちょっと聞くと何でもないことのようですが、意外と後回しにしたり、怠ってしまうことが多いのではないでしょうか?当たり前のにににを当たり前にやるのは、実はとても難しいこと。そのためのひと手間を惜しまないことが風水の神髄です。

また、自分にとって必要なものと、不必要なものを取捨選択する目を持つことも忘れてはいけません。風水を実践する人の多くは、「願いをかなえたい」、「運気を上げたい」と、何かを得ることばかりを考えてしまいます。しかし、何かを得ようとする倉には、捨てることも必要なのです。「運」という器は、無限ではありません。不必要なものばかりをためこんでいると、本当に必要なものが入らなくなります。ときには、自分の身の回りの人やモノを見直して、捨てていくことも大切。それが自分の願いを実現することにつなかっていくのです。風水を上手に活用して、より幸せな未来をつくっていきましょう。

コメント