★九星とは?【各方位と家相を解説】

九星の解説 風水の基本

『九星』とは?

この世に存在するすべてのものを、九つの気に分類した『九星(きゅうせい)』というものは、家相判断にはなくてはならないものです。九星は一白水星、二黒十星、三碧木足、四緑木星、五黄上昆、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の九つの星により成っていますが、一白から九紫の星には、それぞれに定まった位置があって、それを定位といいます。定位は方位と共通する意味があり、吉凶判断には欠かせないものなのです。

九星はそれぞれ固有の意味をもっていて、運勢などはこの星の運行変化によって吉凶を判断するのです。難しい話はあとに回して、ここではこれらの星が九つあるということだけを、表を見て覚えてください。家相では九星の定位(じょうい)、つまり星の本籍地のようなものが決まっています。各人の星が同じ星の定位(方位)と密接な関係をもっているので、定位の星と同じ星の人に運勢的な変化をもたらします。たとえば昭和40年生まれの人は、乙巳八白土星生まれですから、十干の乙の15度方位、十二支の巳の15度方位、そして八白土星の定位である北束45度の方位から受ける影響がたいへん大きいものになるわけです。

また、定位にはもう一つの意味があります。それぞれの生まれ星とは関係なく、父は父の場所、ほは母の場所というように定まった場所があるので、家族の立場によって影響を受けることになるのです。たとえば、両親と息子と娘の四人家族ならば、各自の生まれ星に関係なく、父親は西北方位の影響を受け、母親は南西方位の影響を受け、長男は東方位、長女は束南方位の作川を受けることになります

ここでは定位のみ紹介しましたが、星の位置は毎年、毎月、毎日で変化していきますから、毎年の九星暦などを参考にされるとよいでしょう。

 

生まれ年の九星と家相の関係

人は生まれ年によって、十干、十二支、九星という三つの異なった星をあわせもっています。そして、これらの元となった東洋の運命学の根本に流れている思想には、『陰陽説』『五行説』『三才説』の三つがあります。

「陰陽説とは」

万物は『陰』と『陽』という、性質の相反するものによって成り立っているという考え方です。たとえば、「太陽が陽、月が陰」「男性が陽、女性が陰」「前が陽、後ろが陰」などです。

五行説とは

天地の万物を「木、火、土、金、水(もっかどごんすい)」という五つの原素に集約した考え方で「木が燃えれば火を生じ、火は灰(上)を生じ、土は金属を生じ、金属は冷えて水滴を生じ、水は木を生長させる」というように、五行とは、五つのものが行きめぐることであり、自然の循環をあらわしています。五行の五つをそれぞれ陰と陽の二つに分けると、甲(きのえ)と乙(きのと)、丙(ひのえ)と丁(ひのと)、戊(つちのえ)と己(つちのと)、庚(かのえ)と辛(かのと)、壬・(みずのえ)と癸(みずのと)の卜干になります。この陰陽五行説は、束洋運(叩学の根本をなすものです。

三才説とは

天の気の十干、地の気の十二支、人の気である九星が組み合わさって、天地人の『三才』がそろうのです。家相は自然の運行と個人の気が、摩擦を起こさず調和しているかどうかで吉凶をみていきます。そのため、生まれ年の星と家相とは、切っても切れない関係にあるわけです。十二支は日ごろから慣れ親しんでいると思いますので、説明を省きます。

 

干支(かんし)

十干と十二支を組み合わせたものが『干支(かんし)』といわれるものです。この干支の組み合わせは60組となり、暦のうえで一巡すると60年になるので、「還暦」というお祝いをします。たとえば、平成4年の干支は壬申、九星では八白土星の年ですから、平成4年生まれの人は「壬申八白土星」生まれということになり、昭和40年生まれの人は「乙巳八白土星」の生まれということになります。各人の星は「九星十支早見表」を見て調べてください。また、そのとき注意しなければならないことが一つあります。東洋運命学における一年は、2月の立春から翌年の節分までになるということです。つまり平成元年を例にとれば、2月4日から翌2年2月3日までが平成元年度ということになるわけです。

八卦

『八卦(はっか/はっけ)』は中国の易学が基本になっているもので、万物は太極(たいきょく)から陰と陽に分かれ、さらに「天、沢、火、雷、風、水、山、地」の組み合わせによって成るとされています。九星方位をみるときに必ず出てきますので、簡単に説明してみましょう。

天【乾(けん)】方位は西北  九星では六白金星
沢【兌(だ)】方位は西    九星では七赤金星
火【離(り)】方位は南    九星では九紫火星
雷【震(しん)】方位は東   九星では三碧木星
風【巽(そん)】方位は東南  九星では四緑木星
水【坎(かん)】方位は北   九星では一白水星
山【艮(ごん)】方位は北東  九星では八白土星
地【坤(こん)】方位は南西  九星では二黒土星
【太極】方位では中央     九星では五黄土星

となり、それぞれに気象、人物、場所などをあらわすいろいろな意味があります。それぞれの定位置を「宮」とよび、「艮宮」「坤宮」というふうにあらわされます。また、中央の位置は「中宮」といいます。

 

九星別・家相方位の注意点

すべての大には生まれもった星があり、同し家族でもそれぞれ違う資質や性質をもち、違う運命にあることは、ほぽおわかりいただけたと思います。では、あらためて九星それぞれの意味、性質、運命、心がけるべき生き方などをあげてみましょう。

ポイントとなるのは、やはりトイレ、浴室、キッチンなど、水や火を扱う場所です。そして、自分の寝室となる部屋の位置も人変重要になってきます。家を建てたり購入する際には、家族の主人と主婦を中心に、家族それぞれにふさわしい間取りや居室を選んでいただきたいものです。

一白水星

九星の中で第一番目にあたる星です。万物は陰陽の交わりから生じるものですが、一白は「陰陽の接点」という意味をもつ北の方位を定位とし、十二支では子と竝(通しています。自然界においては水の象をもっています。天より落ちる一滴の雨が。互いに交り合いながら小さな流れとなり、小さな流れがまた交り合いながら徐々に大きな流れとなり、大河となって海に注ぐ、その水の運命と作用のように、一白にさまざまな意味がもたらされるわけです。

一白生まれの人は、親との縁が薄く、子供の頃から苦労する傾向がありますが、そのような環境がかえって独立心や忍耐力を養わせ、後天的な運勢を発展させることにもつながります。親の業を受け継がず、新たなものを創造することで成功するタイプです。家の北に便所、浄化槽、井戸、出入り口、欠けがあると、ねばりに欠け、依頼心が強く、異性とのトラブルを起こしがちになります。健康面では、腎臓、耳、痔疾、子宮の病気、血液病、遺伝性の病気に注意が必要です。

二黒土星

二黒は、大地の象をもちます。土は、きれいなもの汚いものに関係なく、あらゆるものを受け入れます。大地は地球そのものであり、天からの恵みを受けて、何の文句もいわずに、自ら受け入れたさまざまなものを育んでいきます。地上の生物や私たち人間は、この大地の恩恵を受けてはじめて生活していくことができます。そのような土の性買や作用が、二黒にいろいろな意味を与えているわけです。方位では南西を定位とし、この方位は裏鬼門ともいいます。

二黒生まれの人は、自分が主になって仕事をするよりも、他に従って助力した結果が成功につながります。一獲千金を狙うよりも、一歩一歩の着実な歩みが、運勢を発展させることになります。家の南西に堡陏や不浄なもの、浴室、玄関、欠けがあると、努力する気持ちが薄れて仕事が長続きせず、家庭内かいつもゴタゴタするようになります。健康面では、内臓が弱くなり、持病化して悩むことになるので注意してください。

三碧木星

三碧は、自然界では雷の象をもち、季節では初春を意味します。万物は春雷とともに寒い冬から目覚め、行動を開始します。一日にあてはめると、朝の日の出のころになり、新たな一日の生活がはじまる活気旺盛なときです。これらのことから、三碧には驚きの星、地震の星、新規のことを起こす星、若さの星、というような意味があります。方位では、卵召の昇る東が定位となっています。

三碧生まれの人は、決断力に富み発展性があり、果敢な精神の持ち主です。反面、かけ声だけで終わったり、早トチリで軽率な面もあります。父親との縁が薄いので、自分で考えた職業に就き、若いうちに方針を決めて行動することで、花が咲くタイプです。家の東に、堡陏、浄化槽、欠けがあるとよい結果になりません。気が短く落ち着きがなくなり、行動力もなくなって、言葉に関する災いが発生します。健康面では、発作、痙攣を伴う病気、肝臓や喘息などに注意が必要です。

四緑木星

四緑は、自然界では風の象をもちます。風には姿形がなく、木がゆれたり旗がなびくことからその存在を知ることができますが、実体のつかめないものです。風はどこからでも入り、また抜けて行き、どんなに遠いところまででも吹いて行きます。そのような風の性質から「斎(ととの)える」意が生まれ、結婚の星、信用の星、遠方の星、商売の星など、さまざまな意味があらわれてくるわけです。定位は東南で、家相では辰巳・巽(たつみ)といいます。

四緑生まれの人は、やさしく愛嬌があり、独特の魅力をもちます。交際範囲も広い方ですが、金銭を増やし財力をつくることは上手ではありません。人に尽くすことで、自らの運勢も飛躍してゆくタイプです。家の東南に欠けをつくると、信用を失い交際が偏ります。また、良縁に恵まれなかったり、結婚後に苦労します。仕事面では部下や従業員が原因で痛い目にあいます。健康面では、風邪をひきやすく、流行性の病気に弱くなります。

五黄土星

五黄は、九星の中で最も強い星であり、中央に定位をもつために帝王の星ともいわれます。二黒や八白と同じ土星ですが、性質はまったく異なります。五黄の象徴する土には、生かす力と殺す力の二つの作用があり、ものを生み出すのも、死滅させるのもこの星の影響であるとされます。四季の土用のときに土いじりをしてはいけないというのも、この星の影響があるからに他なりません。方位では中心であり、家相の太極の部位になります。

五黄生まれの人は、強情でありながら内面に弱さをもっているため、七転び八起きの運勢をたどります。幼少時代に苦労することが多く、血縁閭係があまり頼りにならないため、生家を出て成功するタイプです。家の中央に便所、中庭、階段などをつくると、運勢の波が大きくなり安定性に欠けます。下積みの仕事ばかりをすることになり、力を発揮できません。健康面では、腹部の病気、脳溢血、心臓病、ガンなどに注意してください。

六白金星

この星は尊い星とされ、二黒を大地の星とするなら、六白は天の象をもつ星なのです。母なる大地に対して、父なる天ということになり、天の恵みがあってこそ万物は生き続けることができるのですから、たいへん尊いものになるわけです。天はすべてのものを覆い、かたときも止まることなく活動しています。これらのことから、活動の星、米穀の星、資産家の星とされています。方位では西北、戌亥(いぬい)が定位となります。

六白生まれの人は、品がよく、頭脳明晰ですが、言葉に角が立ちやすいため知らぬ間に敵をつくりがちです。目的を成就させる剛毅さはありますが、冷静で打豆的なところがあるので、他者との交際は苦手で、晩年運のタイプです。家の西北に欠けがあると、勝負に勝ち抜くことができず、自分の実力以下のところに甘んじ、出世が遅れます。偏った愛情を示したり、交通事故を起こしたりすることもあります。健康面では、心臓病、便秘、頭痛、肺の病気に注意してください。

七赤金星

この星には沢の象があり、水が集まり止まる意味があります。一年にあてはめると9月、秋の実りの時期でもあり、明るく楽しい収穫の星を意味します。一日のうちでは、太陽が西の地平線に沈む夕刻になり、昼間の労働を終え楽しい夕食をとるときです。このようなことから、喜びの星、結婚の星、収穫の星、金銭の星、飲食の星といった意味があらわれてきます。方位では、夕日の沈む西が定位となります。

七赤生まれの人は、如才なく話し好きの人が多いのですが、幼い頃からわがままに育つと、いつも不満をいうようになり、本来のよさを発揮できません。若いときの苦労は買ってでもするほうが、後の運勢がよくなるタイプです。家の西に便所、浄化槽、玄関、欠けなどがあると、道楽に走り金遣いが荒くなります。生活が派手になるので借金も増え、愛情問題でもトラブルを起こします。健康面では、怪我が多く、胸蔀疾患や囗と歯に注意が必要です。

八白土星

八白には山の象があり、小さなものが積み重なって大きな山となるようすをあらわしています。山は動かずしっかりとそびえ立つところから、高い、止まる、蓄えるというような意味があります。また、一年の終わりである節分と。一年のはじめである立春の境目の時期にあたるため、変化の星、革命の星という見方もあります。定位は北東、別名を表鬼門といいますが、家相では変化をもたらす不安定な場所なので注意を要します。

八白生まれの人は、社交性がなくとっつきにくい面がありますが、親しくなれば愛情深く、人に愛されます。ただし、利欲のために節操に欠けるところはマイナスとなります。目上の引き立てを受け、活用することで上昇運を得ます。家の北東に、張りの玄関などをつくってはいけません。トイレ、浴室、台所など不浄な場や湿気の強い場所もすべてマイナスです。親類や家族の不和、欲張って損をしたり、貸し倒れなどの金銭トラブルにあいます。健康面では、リューマチ、関節痛、腰痛、ガンなどに注意しなければいけません。

九紫火星

九星の最後を飾るこの星は、最初の星である一白とは正反河の意味があります。九紫は火の象をもち、時期では6月の夏至のとき、また火はついて離れるものであることから、離合集散をあらわします。火には美しさがあり、明るさをもたらし、ものをはっきりと見せてくれます。火のすばらしさと苛烈さを、多方面にわたってもっているわけです。方位では、南を定位とします。

九紫生まれの人は、頭がよくテキパキしていますが、ややわがままな面があります。判断力と決断力に富んでいますが、気分にムラがあり持続力が不足しがちです。人の上に立つ運命があるので、慈悲と寛容さをもつことで、人間としての器が大きくなり発展します。家の南の日ざしをさえぎったり、南に便所、台所、浴室など水を使う場所があると、いつもカッカしがちで争いがたえません。社会的な非難を受け、名に傷がつくこともあります。健康面では、頭痛、眼病、心臓病、乳ガンなどに注意が必要です。

コメント