ガスレンジ・ファンヒーターは凶方位に置かない!!

火気の風水 風水の基本

ファンヒーター・ガスレンジ・給湯器は凶方位はダメ!!

キッチンのガスレンジが凶方位にあると凶現象が発生します。

火気は家族の十二支方位のほか、両鬼門方位も避けることを忘れないようにしてください。風水家相上、火気は不浄物とされています。代表的なものが台所のガスレンジです。ガスレンジはどの家庭にもあり、方位が凶方位だと凶現象を引き起こすのです。今では数は少ないですが、リビングに暖炉を設ける家庭もあります。この場合、生の火を使うので凶現象もとても大きく、さらなる注意が必要です。もちろんストーブやファンヒーター、セラミックヒーターなども同じです。また、忘れがちなのですが、浴室のボイラーの位置にも注意が必要です。とくに室内にセットされたボイラーの凶禍は大きいので注意しましょう。最近では、ボイラーのかわりに、コンパクトな給湯機を使うことが多いのですが、この給湯機の方位も家相に影響します。

 

凶方位の悩み

 

まず、家族の十二支方位に置いてはいけません。家の外にあっても、やはり影響が出てしまうのです。北東や南西、東南の鬼門方位、北の正中線上も凶相となります。これらの凶方位には絶対に置かないでください。給湯梭というと、浴室のすぐそばに置かなくてはいけないと思っている人が多いのですが、たとえば、北の子方位を避けて、壬や癸方位に浴槽をセットしたとき、給湯機を子方位に置いてしまうことがあります。これでは全く意味がないのです。間違えないでください。

最近の最新式の給湯機は性能が格段にアップし、給湯できる容量が向上しています。給湯機一台で、浴室だけではなく洗面所や台所にも給湯しています。わざわざ北側の危険な方位につけることなく、東方位や東南方位にセットすれば良いのです。

昔は、浴室の火気は家の内部にある内釜が主流でした。そのころは、浴室の凶意も大きく、浴槽の火気の問題で病気になる人も実際に多かったのです。給湯機が普及したおかげで、だいぶ凶意は減少したのです。しかし、給湯機も凶方位に置いては全く意味がありません。家の外とはいえ、火気の凶意はまだまだ恐ろしいものがあるのです。これらに関しては、方位に気をつけて設置しましょう。

コメント