浄化槽は鬼門にあると不幸になる!!【玄関前の汚水管もダメ】

浄化槽の位置 風水の基本

鬼門に位置する浄化槽はダメ!!不幸になる!!

浄化槽は鬼門はダメ

浄化槽や汚水管がどの方位にあるかをチェックしてください。

浄化槽は両鬼門方位は絶対にダメです。

汚水管は玄関の前を通つていないかの確認も必要です。家相というと一般の方は家の間取りが大切と思われがちなのですが、ほかにも重要なポイントがあるのです。しかし、玄関やトイレ、台所の方位が吉凶を左右する大切なポイントになっているのも現実です。しかし、家の外にもとても大切なポイントがあるのです。一つ間違えれば大きな凶禍がふりかかってくるので、ここで詳しくご紹介しておきましょう。

浄化槽の方位に注意してほしいのです。

最近では浄化槽は少なくなってきましたが、それでも都市部ではない、田舎ではよく見かけます。この方位が凶相だと家族の健康がそこなわれてしまうのです。健康運が大幅に下がるのです。浄化槽には、トイレと同じく吉相の方位はないのです。無難な方位にセットして、凶禍から逃れるしかないのが現実です。そこで、危険な凶方位はどこになるのかが問題です。やはり鬼門方位がいちばん危険と言えるでしょう。

鬼門方位とは、北東と南西の二つの方位になりますが、この方位は、ものを腐敗させてしまうマイナスエネルギーが発生しているのです。そこに汚染がたまる浄化槽をセットすると、マイナスエネルギーが増加して、凶現象がぶりかかってくるのです。とくに、胃腸など下腹部の病に侵されることがあるでしょう。腫瘍ができたり、手術が必要なほど悪化してしまうので注意しましょう。ちょっとした腹痛程度ですむのであれば、心配ないのだが、入院や手術にまで進んでしまうので、始末が悪いのです。家族の十二支方位に置いた場合も同様なので、気を付けましょう。十二支方位をもつ家族が、同じく下腹部の病に侵されやすくなります。ですから、正中線や四隅線上も避けたほうが賢明なのです。浄化槽をセットするときは慎重に方位や鬼門を確認してしてください。浄化槽鬼門にあると不幸になります。

 

 

浄化槽は置き場も重要な問題

浄化槽の風水33

現代は水洗式トイレが上流ですから、臭気などの悪影響は昔より少なくなりました。しかし、それにともなって出てきたのが浄化槽の問題です。特に、本下水の設備のないところでは浄化槽を利用することになるので、その配置には極めて気を配らなければなりません。浄化槽は汚物を濾過するところなので「ご不浄」の延長と考え、便所と同じ扱いにしなくてはなりません。浄化槽や汚水の配管をする位置としては、どの方位であっても家の上につくるのは絶対によくありません。必ず家の土台より離れたところに置くべきです。

便所も浄化槽も、八方位の正中線上に置くことは避けなけれないけません。少しでもずらしておいてください。また、最近では2階にトイレのある家をよくみかけますが、水は必ず上から下に流れるものであり、これでは自然の摂理に反します。特殊な事情がないかぎり、絶対にトイレは1階にっくるべきでしょう。どうしてもつくる場合、2階の便所は、2階の中心からみて古方位に配置しなくてはなりません。ただし、1階の玄関の上や、神棚や仏壇の上にあたる場所につくることは絶対に避けるようにしてください。

 

以前当鉄山家相鑑定事務所を尋ねてきた方で、妻と長女が下腹部の病で困っていた人がいました。玄関前のポーチを見て驚きました。滅多にないことだですが、ポーチの下に浄化槽をセットしていたのです。私は目を疑いました。土地が狭いといっても、こんなことはしてほしくないものです。施工業者や設計業者のレベルの低さがうかがい知れます。施工したのはダ●ワ●ウ●という事でした。玄関ポーチは、家の内部とほとんど同じで、家の中に浄化槽をセットしたのと同じです。この場合の凶禍はすさまじくなるのです。その凶禍に近いのが、玄関と道路とのアプローチの間に汚水管が通っている場合です。これでは、家族がいつでも汚水管をまたいで、家の出入りをすることになり、必ず凶相になってしまうのです。病気になるのは当然のことですが、霊媒体質の人なら、自縛霊や浮遊霊、キョンシーなどに取りつかれる可能性もあるのです。玄関に近い所を汚水管が通れば通るほど、凶禍が激しくなるので、注意してください。

上の例では、浄化槽をまたいで家の出入りをしていました。ですから、さほど霊媒体質ではない長女が、「金縛り」などで悩んでいたのもうなずけるのです。先に冝保愛子を呼べばよかったんのです。また、汚水管を建物の中に通してしまうこともあるので厄介です。私なら絶対にやらないし、考えたこともありません。トイレの汚水ほど凶相ではないのですが、台所や浴室の雑排水にも注意してほしいのです。汚水管と同様に、玄関前を通さず、家の内部にも通してはダメです。地面の中に埋めてある、浄化槽と汚水管でも、健康を害する可能性があるので、注意が必要です。家相・風水の鑑定は、専門家に見てもらいましょう。「偽風水師」や「なんちゃって鑑定士」「エセ家相師」にはお気をつけください。

※「浄化槽」の風水・家相

コメント