玄関は幸運の入り口!!【2021~2022風水家相】

玄関の風水 玄関の風水

玄関は人と幸運の入り口

玄関と幸運

玄関は家の中でもスペース的には小さな空間です。しかし、玄関にはその家の傾向がしっかりと表れますから、玄関を見ればどんな家なのか、どんな家族が住んでいるのかがだいたいわかります。みなさんだって近所のお宅の玄関で立ち話をしただけで、その家の雰囲気がなんとなくわかるはずでは?それと同じで風水でも玄関にはその家、そして住む人が表現されていると考えるのです。

家全体で考えるとスペース的に多くを占めない玄関が、なぜ家運を左右するまでに人切な場所なのか、これについては玄関が持つ役割がわかればご理解いただけると思います。

玄関はご存知の通り家への入り口ですが、実は人だけでなく。幸運の入り口でもあるのです。幸運も玄関を通って家の中にやってきます。つまり広くてスッキリした玄関なら人と同様に幸運も入りやすいのですが、玄関が物置スペースになってゴチャゴチャしていると幸運も入りにくいというわけです。また、要注意なのが玄関扉です。玄関に限らず扉から運が入り込むと風水では考えますから、進入をさまたげないように扉には飾りなどをつけないこと。シールもダメですよ。

家があれば必ず出入口があるもので、玄関のない家は存在しません。家相では、玄関をその家の顔としてみており、どのような顔をして、どこを向いているかは大切な問題になります。人の顔は十人十色で、佃性の強いものもあれば、あまり特徴のない平凡な顔もあります。しかし、家の顔である玄関に奇抜さは必要なく、むしろ全体的にバランスのとれたものが最良なのです。宗教施設や公共施設などの玄関は、一般大衆を迎え入れるものですから、広く大きくとり、重々しい風格をそなえてつくられているものです。このように、目的と用途によって大きさも、つくり方も違ってくるわけです。

一般的な住まいにおける玄関のあり方は、節度をもって外側に張っているものがよく、内側に引っ込んでいるものはよくありません。また、家全体の3分の1以上も玄関にとるようでは、大きすぎていけません。適度なバランスが大切なのです。では、家相的によくない玄関の設計条件をあげてみましょう。

 

①母屋の大きさの割に玄関が大きい

人言壮語になりやすく、自分の力量以上のことをして失敗します。見栄っ張りの相ともいわれます。

②母屋の大きさの割に玄関が小さい

ものの見方や考え方が画一的になり、消極的で社交性も乏しく、利己主義になりやすい相です。

③上っていく玄関は三尺以上高くてはいけない

家の主人や長男が、異性問題のトラブルを起こしがちになります。三尺は約90センチ。

④下っていく玄関はいけない

長男が家を相続せず、次男三男が相続するようになるか、養子相続となるので注意が必要です。大切な人が家に居つかなくなります。

⑤玄関の正面に、階段、風呂場、便所などが向き合うのはいけない

いきなり下半身を見られるようなもので、家の気品を保てませんし、外部への抵抗力が弱くなります。

 

玄関に用いる建築素材

家相学的には、木製のドアがベストです。木製のドアは精神面の安定、情緒の豊かさといった面が強調されることになります。また、最近はアルミニウム製のドアも多く見られます。しかし、アルミニウム素材が悪いということではないので、あまり気にする必要はありません。金属には、合理的で長持ちするという意味があるからです。予算や家のイメージに合わせ、ふさわしいものを選びましょう。

表札について

表札の風水

表札の素材は?

表札は、長方形で木製のものが基本で、プラスチックや石の表札は、あまりよくありません。また、家相では「自然の営みに順応することが人切」と考えることから、中には自然木をそのまま使う大がいます。しかし、人間には知性と教養、理性や自制心が大切なことを忘れてはいけません。自然をうまく取り入れつつ、ある程度は加工をほどこして調和をはかり、そこに住む人の長所を生かすことも大切なのです。

表札をかける位置は?

表札は、家の外から見てドアや引き戸の右側、いちばん上の角に合わせてかけます。高さは約180センチの位置がベストです。これは、家の中から玄関を見た場合は、表札が左側になるということです。左というのは陽の作用を受けて成長していくという意味があり、右は陰の場で終息または後退していくという意味があるのです。

さらに説明すれば、東洋の考え方はすべて左を陽、右を陰とします。自分(家)を中心に考え、前向きに自分を社会に押し出していくことを考えるなら、左側が重要だということになります。表札をかける目的は、自分の存在を社会に知らしめることですから、家の内側つまり自分から見て左に表札をかけるというわけなのです。内側から見て右側に表札を出しか場合、守りの姿勢に入り、どうしても保守的な傾向が強くなりますので、自分自身で意識して積極性をもつよう努力しなければいけません。

また、玄関が引き戸の家によく見られる場合で、真上の中央に表札をかけている場合がありますが、これもあまりよいとはいえません。何らかの事情で内側から見て左側に表札をかけられないときは、どうしたらよいのでしょう。その場合は、左側に表札をかけられるよう、できるだけ工夫をすることが必要です。さらに、門がある家の場合は、門の表札を家の内側から見て左側にしてください。

名前の書き方は?

表札に書く名前は、姓だけのもの、家の主人の姓名を書いたもの、主人の姓名と家族の名を書いたものなどさまざまです。まず、姓だけを晝いた場合、その表札は家の主人だけではなく、家全体を示すものということになります。主人の姓名だけの場合は、主人が家の代表となります。これらの書き方は、どちらも悪い影響をもたらすことはありません。ただし、家族の名前を連名にする場合、横書きなら上から下に書けばよいのですが、縦書きの場合は夂‥前を書く順番があります。向かって右側から家の主人、妻、長男、長女というようにで順に左に書いていくことになります。

二世帯住宅の表札は?

最近は親と子供が同居する場合、二世帯住宅の形式をとることが多くなりました。家相的には、1階が「主」、2階が「従」ということになります。家から門に向かって左側が1階の住人、右側が2階の住人となるようにします。

方位別・玄関の家相

次に、方位別の玄関の吉凶を、典型的な問取り例で紹介していきましょう。建売住宅や分譲マンションなど、注文建築以外の家では、玄関の位置やデザインを変えることはできません。玄関は方位によって意味が異なりますが、張りや欠けなどの条件によってさらにいろいろな影響が出てきます。なぜなら、同じ方位に玄関があるとしても、家相は家を総合的にみるものだからです。悪い例にとらわれすぎず、家全体で考えて、よりよくしていくことが大切なのです。

 

日常厄を落とす空間でもある玄関

風水と玄関

また内と外との境界である玄関は、気持ちを切り替える場所でもあります。職場や近所でイヤなことがあっても、玄関に足を一歩踏み入れたとたん気分転換できるのが理想的。そうすればマイナスの運気を家の中まで持ち込むことはありませんし、イヤな思いをひきずることもありません。

玄関で上手に気分転換するためには玄関でしっかり厄を落としきることができるかどうかが問題です。「厄」というと42歳の男の大厄や33歳の女の人厄といった厄年や厄払いを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、厄年の厄よりももっとやっかいなのが日常生活の中でついてしまう「日常厄」。毎日生活していく上で周囲の環境から知らず知らずのうちに受けている厄のことです。もっと簡単にいうと。ストレスと呼んでもいいでしょう。この日常厄は放っておくとどんどん身体にこびりつき、気づいたときは相当悪化してしまうものです。

玄関はその厄を最初に落とす場所です。基本的にはこまめに掃除していれば、ホコリと同様に厄もグリーーンになります。家や住人に厄が溜まって落ち込んだり、ふさぎ込んだり、引きこもったりする前にまず玄関をピカピカにしましょう。とくにたたきは毎日水拭きしてください。厄がこびりつかないよう、ドアノブも忘れずに。

※「浴室」の風水

玄関に気を配ることは人づき合いに気を配ること

また玄関はその家に住む人の人間関係にも人きく影響します。玄関がある方位によって住人の人問関係の傾向がわかるくらいなのですが、それだけでなく玄関のインテリアや雰囲気に気を配っているかどうかが人間関係を大きく左右するのです。前述したように、玄関はお客様を最初に迎え入れるスペースです。その玄関に気を配るということは人づき合いに気を配ることと同じことといってもいいでしょう。

吹き抜けやバリアフリータイプの玄関は?

また今後ますます増えると予測される吹き抜けの玄関や、バリアフリーの段差のない玄関についても説明を加えておきましょう。吹き抜けは実は家相でいえばあまりよくありません。幸運が上に抜けてしまうと考えるのです。

とくに東北、南西、真西、そして中央に玄関がある場合は4メートル以上の吹き抜けの天井はあまりおすすめできません。そしてバリアフリーの玄関は、たたきとホールの段差がないためホコリが家の中に入りやすくなる=厄も入りやすくなると考えます。ふっうの玄関以匕に掃除を徹底し、インテリア風水を施し、入ってくる幸運をできるだけ逃さないようにすることです。

とはいっても吉相の条件をすべて満たしている玄関に住んでいるという人はそういないはず。さあ、それでは玄関をもっとパワーアップした空間にするために、開運の玄関インテリアアイテムと方位別ベストインテリアプランをお教えしましょう!

輝く玄関に

玄関に入った瞬間、誰が見ても「すっきり片づいてきれい」という印象がとても重要です。玄関はその家に住む人の人柄と運を表すすべてだといっても過言ではありません。良い運気も悪い運気も入るのは「玄関」からなのです。とはいっても、見た目に美しいと思えるだけではよくありません。玄関のドア、手すり、たたき、靴箱の上、玄関まわり、すべて拭き掃除をします。毎日するのが理想的です。朝でも夜でも、気が向いたときに拭き掃除をしてみてください。ホコリがたまるとそこから悪い運気がすぐに大ってきやすくなります。

とくに重要なのは、たたきに靴を置いたままにしないことです。帰宅したらすぐに靴はシューズボックスの中にしまうこと。靴が汚れていたら、その場で拭き取ってからしまうのがベターです。家の中に、外からの良くない運気をできるだけ持ち込まないようにしてください。つまり、人を介して、良いものもそうでないものもすべて玄関から入ってきてしまうのです。

さらに、玄関ドアの内側だけではなく外側も、あわせて拭くことをオススメします。一軒家の場合は、玄関前の掃除も忘れずに。表札もピカピカにしておけば、良い運気が入りやすくなります。ここで、拭くときのポイントをお伝えしましょう。上から下へです。家の玄関ドアの内側から始めて、靴箱の上やまわりなど、そして最後は、たたきです。たたきから拭き始める場合には、拭く雑巾をチェンジしましょう。玄関の外側は、最初に表札、ドアの上半分を拭いたあと、下半分という具合に、上から下を心掛けてみましょう。玄関は心の「顔」であると同時に、良い運気を取り込む最大の場所です。毎日、気持ち良く過ごせるようにピカピカにしておきましょう。

玄関は明るく風通し良く!!

玄関の環境は家族全員の健康運に大きく影響します。玄関は明るく風通しをよくすること。そして不必要なもの(履かない靴、使わない傘)は置かずに、いつもきれいにしておきましょう。日当たりが悪い場合は、太陽の写真を飾ったり、照明で明るくするなど工夫するようにしてください。

西南の玄関は・・・

西南に玄関がある家は、採光と風通しをよくするのが金運アップの大きなポイントになります。西南の玄関が暗くジメジメしていたり、汚れていると、金銭感覚がおかしくなるので気をつけるようにしましょう。

北の玄関は「凶」

北方位全般にいえることですが、とにかく寒く、冬期は換気がしにくい方位です。玄関は、ご存知のように、道路によってその位置が大きく影響されます。まして、狭い敷地に建築することが多い現代では。南側を部屋にするために、北に道路、つまり北に玄関があるのが普通です。マンションなどの場合も北に通路があることになります。

このように、北道路の場合、ある程度北に玄関があるのはやむを得ないのに、家相学では、冷たく凶相となります。特に、玄関ドアが正中線上にあれば、大凶になります。夫婦間の悩み、子供の学業、事業不振に人間不信、ノイローゼなどの現象が出ます。北の玄関は寒いだけでなく、一年を通じて日あたりの悪い暗い玄関になりがち。そのために、毎朝出かけるのにご兀気さ″が不足して、交際下手の家族になるので、ことさら明るくふるまってください。

北に玄関を設計して、まずまずさわりないのは、北道路の敷地だけです。北道路でも、玄関ポーチをやや広めにして、出入口のドアを正中線上からはずしましょう。土間のタイルなどは、白系かグレー系が最適です。床は明るめのカーペットまたはフローリングが良いでしょう。クロスもベージュ系やクリーム系がよく、濃い柄物はダメです。照明は内外ともに明るくしてください。

玄関と道路の関係も重要

吉相の玄関といえば、やはり巽の方位です。では、もしも敷地の西側に道路があったとしたらどうすればよいのでしょうか。しかし、辰巳の玄関がいいからといって、西の道路に而した敷地に無理に巽の玄関をつくり、ぐるりと庭を回って行かなければならないようでは作為的すぎ、自然に反してしまうことになります。

敷地に対する道路の位置は、その敷地の宿命のようなものです。玄関は家の顔ですから、道路に背を向けていては、社会に対して顔をそむけていることになってしまいます。道路に対してどのように玄関を配するかで、その家の各間取りがほぼ決まってきますが、あまり奇抜なものより、なんの変哲もない素直な家が意外とよい家なのです。家相の条件を無理に合わせて用いるよりも、あわかじめ自分のできる範囲で、よりベストな敷地を探すべきでしょう。

東の玄関は無難?

本来は凶相ですが、私は北に通路のあるマンションや北道路に面した一戸建て住宅の東北の玄関は「さわりがない」とされています。

ただし、条件はいつもきれいに使うことです。土だらけ、ホコリだらけで、玄関に靴が出しっ放しになっていたら、いくら北道路でも凶となります。ひと月に一回か二回、粗塩とお酒で清めてあげるぐらいの心遣いが、鬼門の玄関には重要です。もし、東北にある玄関が汚れていたりすると「ケガ」「事故」にあったり、転勤から家庭内がゴタゴタしたり、相続でもめたりすることがあります。

東北の玄関は貫禄が必要

東北の玄関では一番重要なのは貫録です。玄関建具をけんらん豪華に、とはいいませんが、重厚感が欲しいのです。本来は、スチールより木製が吉です。床には。白系のタイル、上り框は堅木で少々大きめにし、木地仕上げ。ホールの床も木目が見えるような木地仕上げのフローリングか、ベージュ、白に近いグレーにしましょう。壁・天井も木質の下地仕上げか白に近い塗り壁・クロス貼りなど。インテリアは、白を基調としたもので統一して、照明を明るくします。また、大きめの収納スペースを設け、靴やスリッパなど出しっ放しにしないことです。

明るい清潔な感じがしない東北の玄関であれば、下駄箱の上など花を飾るスペースがあるなら、白い花を飾ってください。壁に山の絵を飾ることもよいでしょう。玄関土間に、砂やゴミなどがないように水拭きや水洗いをして。宅配物で届いたものを、ホールにいつまでも置きっ放しにしないこと。不必要な物が置いてあると、それにつまずいてケガをしたりと、思いもよらない事故につながる可能性もあります。

また吉相の表札をつけることで、凶作用が多少やわらぐこともあります。玄関の表札は、原則的にその家の主人のフルネームを縦書きにします。素材は、本のものがよいでしょう。私は、神社へ行った折に、御神木などで作られた表札をいただいてきます。基本的に表札は、主人が自分で心をこめて、清酒で墨をすって書きます。門がある場合は、門に名字のみの表札を出し、玄関に主人のフルネームの表札を出してください。洋風の玄関なら、外から見て向かって右側に、和風の玄関なら、中央の欄間に表札をつけてください。

家の中心にある玄関はダメ

よく「鬼門の玄関は凶相」などといわれますが、現代の風水家相ではそのようなことはありません。玄関は方位的に見て、東西南北、どの方位にあってもNGということはないのです。

ただ気をつけていただきたいのは中央の玄関です。中央に玄関がある家は、一時、勢いがクンダン伸びることもありますが、やがてその倍以上にガタンと落ちてしまう、落ちぶれ家相なのです。中央に玄関がある場合は、とにかくきれいにしておくこと。ラベンダーやグリーン、黄色を多用して、照明はできるだけ明るくしましょう。

暗いならスタンドを置いて光をプラスしましょう。鏡面仕上げの玄関ドアで、ゴールドのドアノブを使っているのがよく、ドアの脇にはご主人のフルネームの表札をかかげましょう。中央に気を集めるために、幹がしっかりした観葉植物を置くのもおすすめです。華やかに花を飾るのもいいですね。家族の写真を飾ったり、家族の夢を表すものを置くのもよく、さんかんの実や大きな木がモチーフになった絵やタペストリーなどのアイテムもおすすめです。龍の置物、ミルク色や赤くて丸いものもお忘れなく。中央のパワーをアップしてくれます。

 

【今すぐできる】玄関の簡単風水!!

玄関の風水

湿気のないすがすがしい玄関に良運あり

ドアや窓を開けっ放しにしにくい集合住宅や、留守にすることが多い家では玄関がジトツとしがちになります。湿気や水気は運気を停滞させるので、家にいるときは玄関のドアと、家中の窓を開けて風を通すようにしましよう。季節や天気によって、なかなか湿気がとれないときは、扇風機をまわしたり、空気清浄機や除湿剤を利用したりするのも一案です。

雨の日に履いた靴も湿気の原因になります。帰宅したらすぐに新聞紙を靴の中に押し込み、中の水分を吸収させます。さらに外側も新聞紙で包み、一晩置いて、晴れた日によく乾かしてからしまいます。濡れた靴をたたきにずっと置いておくのは厳禁です。

良い気は明るく温かみのある玄関が好き

風水的に理想なのは、自然の光が降り注ぎ、風通しが良く、余計な物が置かれていない玄関です。玄関に窓がない場合は、照明を利用して明るくするのでもOKです。照明は丸みのある物にすると金運もアップします。照明を替えられない、置く場所がないという場合は、光をイメージする写真やポストカードで代用しても構いません。光を拡散する働きのある鏡を置くのも効果的です。

明るく華やかな生花を飾ったり、玄関マットやスリッパ、小物などを明るい色の物にしたりするのもオススメです。小物は2〜3個にとどめ、ホコリがたまらないように気をつけましよう。

香りで気の流れをスムーズに

草花のエキスを集めたアロマオイルは植物の気を持っていて、その成分や香りには空間を浄化する働きがあります。生花を玄関に置くと良いのもそのため。風水では香りはとても大切で、自然の香りは、気の流れを促し、家中に良い気を循環させてくれます。反対にドアを開けたとき、ムツとするようなニオイがしたら、悪い気が充満する気配だと覚えておくと良いかもしれません。ドアや靴箱を開けて、しばらく換気をしましよう。

生花やアロマオイルなどを扱い慣れない場合は、芳香剤で代用しても構いません。香りは苦手、という場合は、香りを感じさせる写真やポストカードなどを置くだけでも効果的です。

玄関マットで外からの悪い気をブロック

清潔な玄関マットは、外からの汚れや悪い気を吸い込んでくれるので、家の中に良い気だけを取り込むことができます。一番良いのは綿や麻など天然素材で作られた物。玄関の雰囲気を明るく保つために、明るい色合いの物を選んでみて。季節に合わせてデザインを変えるのもオススメです。

また、玄関マットは定期的に洗濯して、常に清潔にしておくことが大切です。汚れていると、本来吸い込んでブロックできるはずの悪い気ばかりを家の中に入れてしまい、良い気が入ってこなくなるので、敷きっ放しでずっと洗濯していないことのないよう気をつけてください。

古い靴は捨てましょう

古い靴や、履かない靴を持っていると、悪い気がこもり、良い気が入らなくなります。靴箱がぎゅうぎゅう詰めになっているのもNGです。悪い気が靴箱の中に充満して、玄関へ、そして家の中へと流れてゆくので、1~2年履いていない靴は処分しましよう。

靴も模様替えが必要

1年中玄関に冬用のブーツが出しっ放しなど、季節はずれの物が身のまわりにあると、生活に季節感がなくなり、TPOに合った装いや振る舞いができなくなりがち。服と同じように靴も衣替えをして、季節のアイテムを玄関に置くようにすると良運が集まります。

靴箱には靴ケアツールを

靴箱は、靴をしまっておく場所です。バッグや庭仕事の道具など、靴と関係のない物は入れないようにしましよう。外を歩いてきた靴についた悪い気が移り、運気ダウンにつながるためです。靴箱には靴と、靴のお手入れ道具など靴関連の物だけでまとめてください。

ゴミのない原価は福が来る

ゴミは悪い気のかたまりです。ゴミでいっぱいになった袋を、運気の入り口である玄関に置いておくと悪い気が充満し、良い気が入る道をふさいでしまいます。ゴミをまとめたら後まわしにせず即、捨てに行きましよう。古い雑誌や新聞なども置きっ放しは厳禁です。

遊び道具は決めた場所に

ゴルフバッグやテニスラケットなど趣味の道具を玄関に置くと、運気が仕事より遊び中心に偏り、金運もダウン。すべての運気は玄関から入るので、遊びの運気を吸った気が家中を流れるためです。使った物は玄関に置かず、いつも定位置に戻すようにしましよう。

キラキラアイテムが効果的

玄関は運気の入り口です。明るく輝く物が良運を呼ぶので、周囲を明るく照らすライトや光を反射増幅させる水晶などの天然石のクラスターを1つか2つ置くのもオススメです。靴箱の上など床以外の場所に置けば、良い気で家を満たします。

コメント